淡青の五七五 hellblauHAIKU - 奈良のお水取り(修二会)の青衣の女人

奈良のお水取り(修二会)の青衣の女人





今年で1266回となる奈良東大寺修二会(俗にいう二月堂お水取り)、奈良では千年以上続いているもの以外は伝統行事とみなさないようで、やはり古の奈良の都なんですねっ、その中でもこの行事は古く、平安時代から様々な歴史の移り変わりの中、先の戦争中も毎年続けられてきた行事のようです。






過去帳に 青衣の女人 待ち焦がれ   淡青

かこちょうに せいひのにょにん まちこがれ







Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りください
関連記事
いにしえの奈良の都 | Home | 一夜明けると新年へ、そして時が過ぎてゆく

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する