淡青の五七五 hellblauHAIKU - 一夜明けると新年へ、そして時が過ぎてゆく

一夜明けると新年へ、そして時が過ぎてゆく





お猿去り 鳥の鳴き声 眼を覚ます、 なにやら新年の実感はないままいつもの時間が流れていますが、この「淡青の五七五」へお訪ねくださる皆様に新春のお慶びを申し上げます。

いつものように年が明け、そしていつものようにぃ〜、こんな愛おしい時間がおくれる幸せは何にもまして大切なものであることを痛切に感じる2017年の年明けです。






鳥鳴きて  初空さがす 異邦人   淡青

とりなきて はつそらさがす いほうじん












Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りください
関連記事
奈良のお水取り(修二会)の青衣の女人 | Home | 怖れ、畏れ 恐れてはいませんか、よろずの神様?

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/20 (Mon) 10:45 | # | | 編集
返礼

v-124. 鍵コメ様、

受け取りました 、お返事しますのでよろしく!

電話番号はみつかりましたのでお電話するかもしれませんが、
電話はそちらのお時間がどうかわからないのでいつもためらってしまいます。

それではのちほど〜

2017/02/20 (Mon) 11:04 | 淡青 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する