淡青の五七五 hellblauHAIKU - 2015年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルト海に面した中世の港街







Gdańsk(グダンスク)、ドイツ語ではDanzig(ダンツィキ)、この市はポーランドの労働者の先頭に

立って体制に反対した指導者レヒ・ワレンサ氏の街で、『ブリキの太鼓』の作者

グュンタ・グラス、異色の俳優クラウス・キンスキーが生まれた街なのです。

中世のゴシック建築の建物がこれほど多く残る街は欧州でもそうはないのです。

昔のハンザ同盟の貿易港、ナチスのポーランド侵略際に騙されながらも抵抗した数少ない

ポーランドの人々が住んでいた街なのです。





ワレンサと グラスが笑う グダンスク 淡青












Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りください
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。