淡青の五七五 hellblauHAIKU - 2013年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街にでよう、そして歩こう!

DSC01005.jpg
エッフェル塔の展望階からセーヌ川を辿ってみる。



寺山修司は言ったよねっ、

書を捨て 街へ出よう!

今なら彼はこう言うんじゃないかしら・・・、





ブログ捨て  反原発へ  行動す       淡青

ぶろぐすて   はんげんぱつへ   こうどうす




008.jpg
ハンブルクアルトナ地区にあるブティクのショーウィンドー、日本のスポーツシューズのメーカーです。





Danke いつも応援 ありがとう!


br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!


スポンサーサイト

海の怒りは台風となって咆えるのかも

DSC00790.jpg

幼いころ、台風の時は家の戸の補強をしたりする大人たちの姿があり、どんな台風がやってきても大丈夫という安心が子ども心にあったような気がします。

しかし現在の日本ではそういう安心を与えてくれる大人たちがいるのでしょうか・・・

地震、台風が多い日本、さらに今抱えてる福島原発事故、今もなお原発を進めようとする愚かな大人たちを持つ子どもたちはロウソクの下での家族団欒など到底持つことはできないかもしれません。



台風時 家族団欒 灯の側で   淡青


たふうじ かぞくだんらん ひのそばで



DSC00744.jpg


2012年7月の句をもう一度読んでみてくだされ


子どもの頃家の中には灯りのない暗い場所があり、そういうところには自然の光が少しでも入り込むような工夫がされていたような気がします。

そして台風時は必ず停電があったもので、そんな時ロウソクの灯を囲んでの家族団欒がとても新鮮で、一夜明けての朝の光のなんともありがたかったことか・・・





ロウソクの 灯り消すのは 鬼の顔   淡青


ろうそくの あかりけすのは おにのかお


Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!


久しぶりのパリの空

DSC00988.jpg
建築博物館のテラスからのエッフェル塔

南フランスとブルタニュー地方へはウアラウプ(休暇の独語)で行くことはあっても、なかなかパリへは足が向かないもので、でも今回はパリで研修してる娘を訪ねるということでうん十年ぶりのパリでした。

パリはもう随分前からいわれていて地下鉄に乗ればわかりますがアフリカ、アジアからの移民、観光客の人口が大多数を占めているようで、構内ではスリ被害への警告のアナウンスがいたるところであり、外国語では日本語が一番先にながれていました。





パリの空 人の歴史に 幸あれと   淡青 

ぱりのそら ひとのれきしに さちあれと






ギャラリーラファイエット(百貨店)の屋上からの展望
DSC01048.jpg



パリでの写真は本亭でもっと楽しんでください。



Danke いつも応援 ありがとう!
br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。