淡青の五七五 hellblauHAIKU - 秋の句

春にみたのは白い花

20151011153738bcb.jpeg 20151011153848c8a.jpeg



28年前にこの家に引越ししてきた時は庭に4本のすでに年月が経つ林檎の木がありそれぞれ違った種で、秋には自然なドイツの林檎がたわわに実っていたのです。

今では花が咲き実がなるのは1本だけとなり、それでも残された家族には持て余し気味ですが、鳥たちには貴重な食料のようでせっせと摘んでいるようです。







春に白 秋に紅つく 林檎の木   淡青

はるにしろ あきにべにつく りんごのき





Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りください

エルベ河岸の秋の夕暮れ


エルベ河沿いのハンブルク郊外


ウクライナでは政府軍により虐殺された人々、武器を持たない一般人で
至近距離での弾丸の痕が多くみられ、斬殺されたり、女性の被害者も
多く発掘されている。

シリアではイスラム国を壊滅するためにアメリカ空軍による爆撃が続いている。
どれだけの人々の血が今この世界で喪われているのだろうか。。。





捉われの  紅色滲む 夕暮れ時    淡青

とらわれの べにいろにじむ ゆうぐれじ




Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りください




海の怒りは台風となって咆えるのかも

DSC00790.jpg

幼いころ、台風の時は家の戸の補強をしたりする大人たちの姿があり、どんな台風がやってきても大丈夫という安心が子ども心にあったような気がします。

しかし現在の日本ではそういう安心を与えてくれる大人たちがいるのでしょうか・・・

地震、台風が多い日本、さらに今抱えてる福島原発事故、今もなお原発を進めようとする愚かな大人たちを持つ子どもたちはロウソクの下での家族団欒など到底持つことはできないかもしれません。



台風時 家族団欒 灯の側で   淡青


たふうじ かぞくだんらん ひのそばで



DSC00744.jpg


2012年7月の句をもう一度読んでみてくだされ


子どもの頃家の中には灯りのない暗い場所があり、そういうところには自然の光が少しでも入り込むような工夫がされていたような気がします。

そして台風時は必ず停電があったもので、そんな時ロウソクの灯を囲んでの家族団欒がとても新鮮で、一夜明けての朝の光のなんともありがたかったことか・・・





ロウソクの 灯り消すのは 鬼の顔   淡青


ろうそくの あかりけすのは おにのかお


Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!


ハンブルク市文化遺産保存建造物

P1120399 (540x405)

ハンブルク市庁舎を中庭から撮ったものですが、このような装飾に満ちた建物は時代遅れかもしれませんが、鑑賞するには味深いものがあるものです、




天高く 年月超えた 日の名残り   淡青


てんたかく としつきこえた ひのなごり



ハンブルク生まれのブラームスはこの界隈で育ちました。

P1120428 (405x540)




Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!






燃えた夏

P1120339 (540x405)



真っ赤な太陽の名残はこのガーベラの花にみられました・・・

いつの間にか夏は凝縮されストーンとどこかを貫いて消えていったのです・・・





P1120334 (540x405) P1120340 (540x405)



赤に白 想い描くは 篭もる夏   淡青

あかにしろ おもいえがくは こもるなつ  





Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!




秋愁い なんちゃってぇ 俳人句

このブログへよくコメントをしてくださり、淡青が師匠とも慕う南亭さんのブログ「南亭雑記」で愉快そうな倶楽部のロゴができていて、ちと主旨が違うようでありますが早速いただいて駄句を作ってみました・・・
           
                    20111003140740601.jpg







ザワザワと なにやら騒ぐ 秋気配   淡青

ざわざわと なにやらさわぐ あきけはい



P1090884 (640x480)



Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!



甘い風は危険な風

福島の原発事故の収束も付かぬまま、またまた原発は必要だ、安易安全な原発への願望が声高となった推進派の政府によって導かれているようなのに気づかぬ、いや気づきたくない日本人にはもう失望しています。しかしまだまだ絶望していない日本人がいることを願っています・・・




糸切れる どこに飛ぶかは 風しだい    淡青


いときれる どこにとぶかは かぜしだい




DSC_5145_convert_20110813050133.jpg




甘い風 煙に巻かれ デカダンス   淡青

あまいかぜ けむりにまかれ でかだんす




Danke いつも応援 ありがとう!

br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!



物想いの初秋

この三日月と街燈は知りたくても知ろうとしなかったそれぞれの恋人たちの時間をずっと照らしていたのでしょうか・・・



街路灯 知りえぬ時間 永久に   淡青 


がいろとう しりえぬじかん とこしえに



P1050196_convert_20101015221752.jpg





留まれぬ 明日は何処か 秋の月   淡青


とどまれぬ あすはいづこか あきのつき




Danke いつも応援 ありがとう!


br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!


古い記憶

大きな古いおじいさんの時計が家の居間にあってごーんごーんと時を告げる音が家中に鳴り響いていたとかなんとか言ってお嬢さん育ちを強調しても、もう誰もそのようには見てくれないのに今でも可愛い友人はそんな夢をもちつづけているのです・・・



思い出に 嘘も尽きたし 初秋には   淡青

おもいでに うそもつきたし しょしゅうには




P1050035_convert_20101013215701.jpg





Danke いつも応援 ありがとう!


br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!



鈴虫か,それともガキの声

博多の街中には古い寺町通りとも言いますか、お寺さんが集まってる区画があります。博多大仏といわれる仏像もあり、表の看板のけばけばしい大仏様とは大違いのとても品があるもので中に入り参拝してよかったわぁ~、大通りから中に入った閑静なお寺さんの横には幼稚園があり運動会の練習がおこなわれていました。




鈴虫か 声が響けど 柵の中   淡青

すずむしか こえがひびけど さくのなか



P1040882_convert_20101002181020.jpg

P1040872_convert_20101002181127.jpg






Danke いつも応援 ありがとう!


br_decobanner_20090831063943.gif にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
 
  

本亭「グレーは淡青」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!